撮影写真掲載のおしらせ:週刊SPA!11/6号(10/30発売) に写真掲載されました

週刊SPA!11/6号(10/30発売)掲載の記事、
「43歳 うつのチャンピオン キックボクシング4冠王・松崎公則の戦いとは?」記事に写真提供しています。
書店・コンビニ・電子版などでぜひご覧ください。

nikkan-spa.jp

2019年春「はてなダイアリー」終了のお知らせと「はてなブログ」への移行のお願い - はてなダイアリー日記

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20180830/blog_unify

はてなダイアリー終了のお知らせ、ついにきました。
ということでこの日記「workshop PCエンジンおしゃれ計画」も来年春までには移行予定です。
今のところ、「はてなblog(有料)」への移動を検討してますが予定は未定です。
 
(2018年11月5日追記)
はてなblogを立てました。今後過去記事などを随時移行していく予定です。
https://rhythmsift.hatenablog.com/

2018年夏コミのお知らせ。新刊「カメラ・レンズを借りて撮る(仮)」を頒布します。「日曜日東W31b」

2018年夏のコミックマーケット(C94)、当サークルworkshopの同人誌の紹介です。
「カメラ・レンズを借りて撮る(仮)」『AKIBA SNAP』『東京でいろいろな写真展を観たい人へのガイドブック』をご用意しました。
8月12日日曜日「3日目 東W31b」にて頒布します。サークルチェックお願いします。
https://webcatalog.circle.ms/Circle/13918640
(リンク先は「コミケカタログ on the web」の当サークルページです。要会員登録。)


c94新刊「カメラレンズを借りて撮る(仮)」
新刊は「カメラ・レンズを借りて撮る(仮)」。
カメラメーカー各社・レンタルショップの撮影機材レンタルサービスを紹介する8Pの小冊子です。
機材沼に飛び込む前の準備運動や、撮影のステップアップ・マンネリ打破などにどうぞ。
頒布価格は300円を予定しています。
 
 
既刊も頒布します。
秋コレ既刊「AKIBA・SNAP 2017」
c94既刊『AKIBA・SNAP 2016』
『AKIBA SNAP 2017』『AKIBA SNAP 2016』はフルカラーの自作秋葉原のスナップ写真集です。
A4サイズ12ページ。頒布価格は800円の予定です。
今回持ち込み部数は少なめです、完売したらごめんなさい。
 
 
『東京でいろいろな写真展を観たい人へのガイドブック』
東京でいろいろな写真展を観たい人のためのガイドブック表紙
 東京でいろいろな写真展を観たい人のためのガイドブック本文サンプル
東京でいろいろな写真展を観たい人のためのガイドブック本文サンプル2
年に400件を超える写真展を巡っている、重度の写真展ファンのわたしが、
東京のいろいろな写真展をチェックして観るためのノウハウを詰め込みました。
美術館やギャラリーなどで写真展をじっくり観たことがあまりない方や、
地方在住で東京の写真展を普段巡ることがあまりない方に向けてつくりました。
版を重ねて5刷、ロングセラー商品です。
付録の「東京でいろいろな写真展を観たい人のためのGoogleMap」
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1pNHJ0EkgGVVTBYRAb2tYXihiDLg
と、
「東京の写真を展示する様々なギャラリー・美術館・写真展ニュースなどのtwitterアカウントをまとめたtwitterリスト」
https://twitter.com/rhythmsift/lists/photo-gallerys-in-tokyo
を公開しています、ぜひご利用ください。
 
 
当サークルブースでは、秋コレ・ノンバーコードブックス等でご好評をいただいた布教活動「フリー・ツァイス」を行います



ZWISSレンズクリーナーの無料配布です。ZWISS信者の皆さま、無料のレンズクリーナーが欲しい方、当ブースへぜひお立ち寄りください。
 

2017年の冬コミは委託で参加。『東京でいろいろな写真展を観たい人へのガイドブック』を頒布します

 
2017年、冬のコミックマーケット、当サークルworkshopは落選しました*1
今回は同人誌『東京でいろいろな写真展を観たい人へのガイドブック』を委託頒布します。
 
東京でいろいろな写真展を観たい人のためのガイドブック表紙
 
年に400件を超える写真展を巡っている、重度の写真展ファンのわたしが、
東京のいろいろな写真展をチェックして観るためのノウハウを詰め込みました。
美術館やギャラリーなどで写真展をじっくり観たことがあまりない方や、
地方在住で東京の写真展を普段巡ることがあまりない方に向けてつくりました。

 
東京でいろいろな写真展を観たい人のためのガイドブック本文サンプル
東京でいろいろな写真展を観たい人のためのガイドブック本文サンプル2
夏コミでは完売、購入者からも好評を得た「使える一冊」です。
冬コミでお時間ある方、ぜひチェックしてください。
 
 
同人誌の付録として
「東京でいろいろな写真展を観たい人のためのGoogleMap」
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1pNHJ0EkgGVVTBYRAb2tYXihiDLg
と、
「東京の写真を展示する様々なギャラリー・美術館・写真展ニュースなどのtwitterアカウントをまとめたtwitterリスト」
https://twitter.com/rhythmsift/lists/photo-gallerys-in-tokyo
を公開しています、ぜひご利用ください。
 
 
『東京でいろいろな写真展を観たい人へのガイドブック』は
サークル『アキハバラ2/3(トゥーサーズ)』さんで委託頒布します。
http://pseudomenos.hatenadiary.com/entry/20171224/1514099504
サークル主の新刊は、彩度高目&色域広めの秋葉原スナップショット写真集。
秋葉原の「今井印刷」さんで、コニカミノルタ製最新デジタル印刷機を使い刷られています。
 
 
委託サークルの配置場所は、12月31日日曜日(冬コミ3日目)「東ト-06a」
いわゆる「写真島」「カメラ島」ではなく、秋葉原関連の評論サークルがたくさん集まる場所です。
よろしくお願いします。
 

*1:落選の理由は、「サークルカットにサークル名を書き忘れ」ていたという、うっかりミスです

秋葉原では、PCエンジンのソフトを扱うお店が増えたり減ったりしています。

東京ゲームショウまであと1ヶ月なので、自分用備忘録も兼ねてメモ。

大きな話題としては、秋葉原ソフマップの大改革。「レトロゲーム」の取り扱いがなくなってます。
また、世界に名高い駿河屋の実店舗『駿河秋葉原店 ゲーム館』がBEEP秋葉原店の隣に開店しています。
http://www.a-too.co.jp/shopsearch/%e9%a7%bf%e6%b2%b3%e5%b1%8b%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e9%a4%a8/

マニア的には、
三月兎が倒産・閉店して、PCエンジン同人ハードが「家電のケンちゃん」に移行しました。
また、「らしんばん秋葉原店」がPCエンジンを含むレトロゲームを少しずつ扱い始めています。
TRADER、スーパーポテト、フレンズ、レトロげーむキャンプ*1などは営業しています。
 
一時期の円安が収まり、そしてソフト買い取り・販売価格が上昇したことで、
秋葉原レトロゲームの在庫はまたいろいろと棚に戻ってきています。
以前ほど安くはありませんが、モノは「探せばある」という状態かな…。

*1:移転しました http://www.retrogamecamp.com/

「まず驚いたのが、PCエンジンの中古ソフトというものがあったことです。」

http://ascii.jp/elem/000/001/248/1248740/
ASCII.jp:『TAKERU』はSteamの始祖!? “同人ソフト”の天国だった
ソフトベンダーTAKERU 30周年 レトロPC/ゲームを振り返る

NPO法人ゲーム保存協会理事長のルドン・ジョゼフさんへのインタビュー記事。